富士を拝む箱根旅行

2017年の春に頭だけに雪を被った富士山を見るために1泊2日の箱根旅行を計画ました。あらゆる情報をもとに、事前に行きたいスポットや食べたい名物、お土産にしたい名産品を細かく選び、細かなタイムスケジュールまで組み、準備万端で向かいました。やはり旅行は行くまでの時間も楽しいです。まずは富士の麓の綺麗な水で打った蕎麦を頂きました。大変丁寧なお仕事で、わざわざ食べに来た甲斐があると感じました。次に目的の富士を拝むためのスポットです。数ありますが、今回は初めてということもあり、湖と富士をセットで見たいと思いましたので、芦ノ湖畔の元箱根港へバスで向かいました。元箱根に着くと海外からの観光客が大変多く、落ち着いた雰囲気ではなかったのですが、富士を見に海外からも来てもらえていることに驚き、また富士を愛する日本人として何故か誇らしい気持ちにもなりました。お土産には温泉地とあって、有名どころの温泉黒たまごや、箱根からほど近い小田原の魚の干物や練り物を購入しました。行く前から、旅行パンフレットや雑誌で富士山を望む景色を見ていましたが、紙で見るのと実際に自分の目で見るのとでは、感動が全く違うもので、足を運んでよかったと思える旅になりました。違う季節にも行く価値があると思います。

コメントを残す