婚活のすすめ

私は今婚活をしています。まず、手軽な婚活アプリを始めてみました。よくフェイスブックに広告があがっているものです。婚活アプリの利点は、女性は無料で自分の好みの男性を選べるところです。ただ、人気のある男性とマッチングするのは難しく、メッセージ交換のうちにうまくいかないパターンが多いです。また、実際に会ったとしてもメッセージのやりとりと印象がまったく違う方もいたので、いろんな方と会う必要があるのかなと感じました。その次に近場で開催されている婚活パーティーに参加してみました。正直な感想を言うと、婚活アプリの方が素敵な男性が多かったなぁ…という感じです。男性は何十回も来られている方が多く、あまり惹かれる男性はいませんでした。その他に友人の紹介等もありますが、もしうまくいかなくなった場合を考えると私は躊躇してしまいます。今現在は婚活アプリのみですが、今後は別主催者の婚活パーティーにも参加してみようかと考えています。もしそれでもうまくいかなかった時は、結婚相談所へ登録するのが一番かと思います。婚活を行っていく上で大事なのは、最終的に中身だとは思いますが、やはり見た目もかなり重要だと思いますので、清潔感や身なりを気にしつつ、いい出会いに恵まれればと思います。

婚活

とてもシンプル!私の冷蔵庫節電方法。

「え!今月こんなに使っていたの!?」
電気代を見てビックリすることがたまにあります。大体が照明を消さない、テレビを見ないのにつけっぱなしにしているなどといったことなのですが、これも積み重なると結構な痛手になります。それともう一つ、大きな痛手になるのが冷蔵庫。冷蔵庫の開け閉めはかなり電気を消費してしまうのです。ですので、冷蔵庫は必要なものを取り出したらできるだけ早くしめることが大切。最近はテレビや照明とともに冷蔵庫の節電にも力を入れるようになってきました。そんな私の冷蔵庫節電法は開け閉めだけではありません。食品を置く場所を把握しておくというのも大事な節電ポイントです。あるところがわかっていればさっと手に取ることができますし、開けてから探すという無駄な時間とその間に放出される冷蔵庫の冷気を抑えることができます。これらを意識し始めてから少しだけ電気代や安くなりました。それでも年間で計算すると1500円~2000円の節電にはなる予定です。これからも気を引き締めて頑張っていきます。

節約

寝ていて腰が痛むようになりました

歳を感じてしまうのですが、寝ていて腰が痛くなり目を覚ましてしまうことがたまにあります。若いころは寝違えて首を痛めたことはありましたが腰の痛みを感じたことなどいちどもありませんでした。それが最近では朝、起きる際に腰に違和感があることがよくあります。睡眠は身体を休めるために必要です。生きていくうえでも必要な睡眠をとって、その眠りから目覚めると腰に痛みを感じるなんて絶対におかしいと私は感じています。そう思っても腰の痛みは和らいでくれません。私のように腰を痛めながら目覚める方は多いようです。それに合った製品もいろいろと販売されるようになっているようです。私がいまいちばん注目しているのは高反発マットレスという安眠をもたらしいくれそうなマットレスです。高反発マットレスを使って寝ると腰を痛めることなく熟睡できて、気持ちのよい朝を迎えられるらしいです。身体全体が下から持ち上げられるような感覚がしてよく眠れるとのことです。腰の痛みにこれ以上悩まされたくないので高反発マットレスを買ってみようかなと考え中です。

悩み

成果が判ると節約もヤル気が出ます

私は日常的に節約をこころがけた生活をしています。最近は為替相場の変動が影響してエネルギー原料の輸入価格が上がり電気やガス代の値上げが計画されているようです。電気については電力の小売りが始まっているので、さっそく電力会社を見直して電気料金が安くなる新しい電力と契約を結びました。ガス代についてはお風呂を沸かす設定温度を1度低くするようにしました。私は寒がりなのでお風呂の温度を42度にしていたのですが、それを40度にしました。2度低くしただけですが体感的にはかなりぬるくなった気はします。それでも寒いというほどではないので何とか我慢して入っています。電気代とガス代の使用料金をパソコンの表計算ソフトで管理しているのですが、一年前のこの時期支払ったガス代と今のガス代を比べてみたところ1日あたりにして90円程度の節約が出来ている事が判りました。これは私にとって大きな節約になったと実感できる数字です。こういう数字が出ると節約をしていこうという励みにもなります。これからも節約は続けていこうと思っています。

節約